日本国内におけるスポーツベッティング

今日存在するスポーツの数はおよそ8,000種です。そもそもスポーツは、紀元前700年頃にギリシャで生まれ、史上初のオリンピック大会が開催されました。それ以来、スポーツ人気はとどまらず、驚異的なスピードで発展していきました。現代のテクノロジーのおかげで、多くのプロスポーツ選手が世界記録を更新させています。

実は、「ギャンブル」と「スポーツ」はこれまでずっと密接に結びついてきた、とご存知でしょうか?スポーツベッティングは現在でも、非常に人気の高いギャンブルの一種です。日本では、あらゆる形態のギャンブルが厳しく規制されていますが、それでも賭け事は人々を魅了しており、歴史上完全に消滅することは一度もありませんでした。

ギャンブルが完全に禁止され、厳格な処罰が課されていた時代でも、人々は何かしら方法を見つけては賭け事を楽しんでいました。最も開発が盛んであったのはカードゲームでしたが、急激に人気が高まると、政府に厳しく禁止されてきました。

前述したように、日本ではスポーツベッティングが厳しく規制されており、刑法の処罰を受けるリスクなしに、賭けができる合法のスポーツははっきりと定められています。合法のスポーツベッティングは、オートレース、競馬、競艇、競輪と一部のサッカーリーグです。

しかし、ここで注意しなければならないのは、日本のスポーツベッティングは、パリミューチュエル式でのみ認可されているという点です。これは宝くじのような制度で、すべての賭け金が一つに集約されます。
一方、オンラインのスポーツベッティングは禁止されており、見つかれば厄介なことになります。もちろんスポーツブックは世界中に存在し、そのゲームサービスを利用することはできますが、厄介なトラブルを避けるには、ご自宅でプレイすることをお勧めします。

ところで、海外のブックメーカーを利用する方が良いのはなぜでしょう?
それは単に、法律を犯さずに済むからであり、海外のブックメーカーでは自国の法律を遵守する必要がないからです。
海外のオンラインスポーツベッティングサイトは、日本国内で運営されているわけではありませんから、そのサイト上では日本政府への説明責任がないわけです。日本政府は海外のサイトに対して何の権力もありませんので、ユーザーが日本人であろうとなかろうと、そのサイトを使ったという理由で罰せられる権限はありません。
この法律上の抜け穴を利用しているユーザーは多いので、日本国内においてオンラインスポーツベッティングは近年驚くほど人気が急上昇しているのです。テニスや野球、これまで賭けをしたことがなかったその他多数のスポーツで賭けを楽しむ人が増えています!

ではここで、日本で使われている確率フォーマットについてお話ししましょう。
スポーツベッティングサイトはヨーロッパ方式です。具体的には、小数点を含む確率が使われます。例を挙げて、説明していきます。

例えば、錦織圭選手対ラファエル・ナダル選手のテニスの試合を観戦しているとします。日本の錦織選手を応援する人が大半だと思いますが、ラファエル・ナダル選手の方が強く、成績もはるかに上のプレイヤーだということは認識しています。

なので、錦織選手の勝率はかなり低く、1.25だとしましょう。もし錦織選手が勝つ確率が2.85になると、あなたがデポジットしたお金は2倍以上になりますが、これが実際に起こる確率は非常に小さくなります。1万円かけた場合、錦織選手が勝てば1万円の2.85倍の2万8,500円にもなるわけです。しかしこれが起こる確率はそれほど高くないため、たった1つの試合に賭けても大きな賞金は手に入りません。ただしその1試合のみに大金を賭けていた場合は別です。

したがって、世界中のプレイヤーたちが獲得賞金額と同時に賭けの勝率を増すために、1試合のみに賭けるのではなく、同時に5〜8試合以上、もしくはその他好きなだけの数の試合に賭けるわけです。